• reluxmammy

ビタミンCについて

【ビタミンC】

皮膚や粘膜の健康維持を助ける。 抗酸化作用を持つ。 肌にハリをもたせたり、シミを予防する美容効果や、免疫を高めて風邪をひきにくくする効果、ストレスに対する抵抗力を高める効果など。


《こんな方にオススメ》

・風邪をひきやすい

骨粗鬆症予防

・老人性白内障予防

・シミが気になる

・美肌を目指したい

・ストレスを和らげたい

・貧血


《ビタミンCの豆知識》

・タバコ1本で、 体内の活性酸素を除去するためのビタミンCが25mg消費される

チロシナーゼの働きを阻害することでメラニン色素の沈着(シミ)を防ぐ効果がある

・コラーゲンの合成を助けて肌のしわを防いだり、傷や火傷の治りを良くする

・免疫力を高める。もし風邪をひいたとしても早く治す効果がある

インターフェロンの生成を促します。インターフェロン抗生物質が効かないウイルスの核酸を破壊し、免疫力を高める為、ウイルス性肝炎(B型、C型肝炎)の特効薬としての期待が高い

・肝臓の薬物代謝に関わる酵素を活性化し、解毒作用を高める効果もある

・ストレスで激しく消費される

・暑さ、寒さや睡眠不足、騒音、喫煙などもストレスの要素であり、激しい運動をした時や病原菌に感染した時にも通常よりビタミンCの必要量が増加する

・高い抗酸化作用の効果として、活性酸素が原因の白内障の予防効果があるとされている


《ビタミンCの研究情報》

・線維筋痛女性患者32名を対象として、ビタミンCを摂取させたところ、運動疲労による酸化ストレスの上昇が抑制されたことから、ビタミンCが抗疲労効果を持つことが示唆された

・アレルギー性喘息マウスにビタミンCを1日あたり130mg/kgの量で5週間摂取させたところ、好酸球の浸潤が抑制された。 また免疫物質インターフェロン、IL-5が増加したことから、抗アレルギー作用、免疫力向上作用を持つことが示唆された

※一緒にとるといい:ヘスペリジン(ビタミンP


《不足・過剰》

不足: 歯茎や皮下出血、骨の成長不全、免疫力低下、重症では壊血病

過剰: 大量摂取で下痢することも


《ビタミンCを多く含む食品 》

・野菜類:赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、カリフラワー、ニガウリ、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいも、チンゲン菜など

・果物:レモン、アセロラキウイフルーツ、いちご、ネーブル、はっさく、ポンカン、いよかん、パイナップル、グァバ、柿など

・その他: 緑茶など


ストレスや喫煙で、ビタミンCが消費されるなんて…… タバコを吸いながらいちごを食べたとしたら、ビタミンCの無駄遣いしている感じがします。 つくづくビタミンって、美容と健康に欠かせないですね。

次回は、ビタミンKです。

0回の閲覧
  • Instagram
・ 高知県高知市春野町南ヶ丘1-7-7
​​  代表 宇和城 佑衣
・営業時間:10:00~17:00
  (最終受付15:00)
・mail:reluxmammy@gmail.com
・Tel :050-5362-5155